ゴールデンレトリバーに適したドッグフード

ミネラルが重要

ゴールデンレトリバーのドッグフードを選ぶ際には、ミネラルを含んだドッグフードであるかどうかが基準になってきます。
その理由が、ゴールデンレトリバーは犬の中でも毛が非常に長い犬種であるからで、この毛の健康を保つのに重要な栄養素がミネラルなのです。
ミネラル、特に亜鉛と銅は毛に艶を与えてくれるのですが、これらを含んでいるドッグフードは少なく、また含んでいたとしても適切な量を摂取できているのかがわからないため、結果的にミネラル不足に陥ってしまうことがあります。
なので、ミネラルが含まれているドッグフードと共に犬用のサプリメントを与えると良いでしょう。
頻繁に与える必要は無く、大体2~3日に1回の食事に与えると良いです。

ヒューマングレードのドッグフードを選ぶ

ゴールデンレトリバーは、毛が長いため皮膚が蒸れやすく皮膚の炎症や外耳炎などアレルギーになりやすい犬種です。
そのため重要なのが、人間が食べる物と同等であるのかどうかという基準「ヒューマングレード」なのです。
ドッグフードに使われている肉の中には、例えば畜産動物のツメや毛などが粉砕されて混入している場合もあり、そういったものがアレルギーの原因になるのです。
犬そのものが持つ原因だけでなく、こういったフードによるアレルギーとの相乗効果で引き起こされる事も考えられているので注意が必要なのです。

オヤツでグルコサミン摂取

ゴールデンレトリバーは大型犬であるため、関節症にもかかりやすいです。
そのためグルコサミンの摂取が重要になってくるのですが、ドッグフードだけで補うのは非常に難しいのです。
ですので、ジャーキーやビスケットのようなオヤツで補う必要があるのです。
特にササミジャーキーのような高たんぱくな物ですと脂肪が付きづらく筋肉になりやすいためオススメです。
関節症は年を重ねるにつれ運動できなくなるため、肥満の原因にもなるので早くからグルコサミンを与えておくと、高齢になっても活発な犬に育ちます。
【参考】ゴールデンレトリバーに適したフード:http://www.fstalaska.org/01.html