カナダ産のドッグフード

安全性が高い

カナダのドッグフードは非常に厳しい審査の中で製造されているため、安全面で言えば世界最高峰といえます。
例えば、日本のドッグフードの表示ですと「骨」や「ツメ」を粉砕したものであっても「肉」と記載することが許されています。
しかし、カナダの場合は「どの動物の」「どの部位が」使われているのかが細かく記載しなければならないため、自然と安全性が高く設定されるのです。
そのためカナダはブリーダーの間で「ドッグフード先進国」といわれています。

種類が多い

カナダのドッグフードは、なんと犬種別に分けて製造しているブランドが多く、その種類も豊富です。
単に「大型犬」「小型犬」と分けているだけでなく、その中でも「子犬用」「成犬用」と犬の成長に合わせて与え分ける事が出来るようになっています。
当然、犬の好みに合わせてウェットタイプやドライタイプなどを選ぶことも出来ます。
日本の場合、なんとなく「子犬は缶詰で、大きくなったらドライドッグフード」とかなり大雑把に使い分けている方が殆どではないでしょうか。

栄養面が非常に重視されている

カナダのドッグフードは、「栄養」にかなりこだわって作られています。
中には国産の肉や野菜を使い、新鮮な栄養素を取り入れることにこだわったブランドもあります。
カナダは牧草地や農地が非常に多く質も高いため、人間が食べる場合においても「カナダの農作物は最高品質」と言われています。
また、とあるブランドはある方法を用いてブリーダー側が犬の健康状態を管理しやすく作られています。
その方法というのが「一粒のカロリーを表記」するという方法です。
こうすることで、犬が一日に摂取するのに適したカロリー(一般的には、五キロの犬で350キロカロリー、十キロで600キロカロリー、ここからはプラス十キロで400キロカロリーをプラス)を容易に計算できるのです。
カロリーの計算は単に健康管理だけでなく、体系維持にも関わってくるので世界中のブリーダーが愛用しているのです。
【参考】ドッグフードのAAFCO基準:http://fingercandymedia.com/5243-forget-mafia-wars-dinodogan-and-dancristo-want-you-to-join-their-triberr-video-interview/