チーズのドッグフード

老犬に適している

チーズのドッグフードは発酵食品であるため、普通のフードと違い善玉菌を摂取できるという大きな特徴があります。
善玉菌は腸内を管理する上では非常に重要な物で、多ければ多いほど腸内環境が改善されます。
ですので、特に便秘に悩まされている犬に適しているといえるでしょう。
また、善玉菌は消化不良に改善の効果があるため、摂取させる事によって食欲も出てくるのです。
老犬になると腸内も弱ってくるため、非常に便秘になりやすく食欲も落ちてしまいがちになります。
ですので、チーズのドッグフードは老犬に適しているといえるでしょう。

犬用のチーズドッグフードを

よく、スーパーで販売されている人間用のスライスチーズをオリジナルドッグフード(ササミなど高たんぱく低脂質の食肉をゆでる)に混ぜて与えている方がいらっしゃいますが、犬の健康に良くないのでやめたほうが良いでしょう。
何故かと言いますと、人間用のスライスチーズは犬に与えるチーズのドッグフードに比べると非常に塩分が高く、与えすぎてしまうと塩分過多になり腎機能障害の可能性が出てきます。
たまに与える程度であれば問題ありませんが、腸内環境を整えるという意味ではあまり向いていませんですので、人間用のチーズは常用のオヤツとして向いていないのです。
なので、与えるのであれば犬用のチーズが良いのです。

初めて与える場合は少量にする

実は犬も、乳製品が苦手という場合があります。
ですが、ここでいう苦手というのは食べない意味での苦手ということではなく「体質に合わない」という意味です。
チーズのドッグフードはどの犬も非常に食いつきが良く、嫌う犬は殆どいません。
が、お腹を下してしまうという犬も稀にいるのです。
いわゆるアレルギーですね。
乳製品のアレルギーは、他にも目の充血や湿疹、蕁麻疹のような一見するとわからないような物もあり、見極めるのが非常に難しいのです。
そのためはじめは少しだけ与えて、特に体調に変化が無ければ少しずつ量を増やしていくのが良いでしょう。
【参考】おすすめ犬用サプリ:http://stationstreetpgh.com/ranking-supplement.html