オーダーメイドのドッグフード

アレルギー発症、またはその予防に最適

オーダーメイドのドッグフードは、アレルギーの症状が出てしまった犬に与えられることが多いです。
犬は本来、肉食なのでドッグフードにも肉が入っています。
しかし、中にはその食肉となる動物が育てられる過程でホルモン剤や抗生物質を過剰に摂取されている場合があり、ひどいものだと「犬のエサだから」という理由で病死した動物の肉が使われていることまであるのです。
そういった物が使われているドッグフードを食べた犬の中には、突然アレルギー症状(湿疹や呼吸困難など)が発症してしまい肉が食べられなくなってしまうということもあるのです。
明確に医師からアレルギーだと診断された場合や、あるいはアレルギーを防ぐために用いられているのが、この「オーダーメイドのドッグフード」なのです。
【参考】アレルギーに対応したフード:http://thecommunityengine.com/home/archives/2005/02/using_mapped_fo.html

犬の好みや用途によって使い分けが出来る

オーダーメイドのドッグフードは、種類が多々あります。
通常のドライドッグフードやウェットタイプのものはもちろん、ジャーキーのようなおやつタイプのフードもオーダーを請負っているお店もあります。
また、中にはふりかけのような粉末状のフードもオーダー可能なお店もあります。
このふりかけ、薬を投与するときに非常に便利なのです。
良くドッグフードに粉薬をふりかけて与えたりするかと思いますが、犬にバレてしまったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このふりかけを、薬をふりかけた上から更にかけてあげると、なんと気づかずに食べてしまうのです。
このように、単にアレルギーや病気の予防だけでなく様々な状況下で役立ってくれるのです。

金額は少し高め

ドライドッグフードですと、一キロで二千円前後というのが一般的です。
少し高めですがオーダーの内容によってはもう少し安くなる可能性もあります。
また、オーダーメイドを行っているお店の殆どは自社製品の販売も行っているので、そのお店を知るという意味でもそういった商品を先ずは買ってみるというのも良いかと思います。
【参考】安いドッグフードの価格:http://www.e-littletown.jp/price.html