ドッグフードのカロリー

犬の状態によって、ドッグフードのカロリーを決める

ドッグフードのカロリーは、実はブランドや種類によって大きく変わってきます。
「低カロリーの方が健康に良い」と思われがちですが、実は犬がどのような状況にあるのかによって高カロリーを摂取すればよいのか、それとも低カロリーにすればよいかが決まってくるのです。
それだけでなく、高カロリーのドッグフードと低カロリーのドッグフードを比較すると高カロリーのドッグフードはグレインフリー、すなわち穀物が含まれていない場合が多いのです。
そのため、給与量(1日に与えるべき量)が低カロリーのドッグフードと比べると少なくて済むという特徴があります。
健康な犬にとっては、このグレインフリーのドッグフードの方が栄養価が高いため非常に良いのです。

高カロリーのドッグフードが必要な犬

健康な犬にとっては、この高カロリーのドッグフードを給与量分食していくというのがもっとも良い食生活のリズムです。
しかし、中には給与量以上に食事が必要な状態の犬や、なるべくカロリーの高いドッグフードが必要な犬も居ります。
先ずは、非常に活発的な犬の場合です。
散歩だけでなく公園などで体を動かすことが多かったり、室内犬であれば屋内で走り回っているような犬なら給与量以上に与えないと栄養失調になってしまう恐れがあります。
次に必要なのが、小食な犬や老犬です。
この犬たちは一回の食事が非常に少ないため、通常のドッグフードだと給与量に届かないのです。
なので、一粒のカロリーが高いドッグフードですと量は少なくても給与量に届くため健康を保つ事が出来るのです。

低カロリーのドッグフードが必要な犬

低カロリーのドッグフードが必要な犬というのは、当然のことながら肥満になっている犬です。
しかし、この低カロリーのドッグフードは穀物を含んでいる物が大変多いため注意が必要です。
穀物が含まれているドッグフードは低タンパクで、結果的に犬の筋肉量を落としてしまい代謝が低くなるため、ダイエットに繋がらないのです。
そのため低カロリーのドッグフードを選ぶ場合は肉の量が多い高タンパクな物を選ぶと良いでしょう。