ラブラドールレトリーバーに適したドッグフード

ヒューマングレードのものを選ぶ

アレルギーになりやすいラブラドールレトリーバーは、人間が口に入れるものと同レベルのフード、いわゆるヒューマングレードのフードが適しています。
ラブラドールは皮膚炎になりやすい犬種で、特に外耳炎になりやすいです。
何故かと言いますと、ラブラドールはタレ耳であるため蒸れやすく細菌が発生しやすいのです。
その細菌によって痒みがもたらされ頻繁に掻き毟るようになります。
頻繁に掻き毟ると、それが原因でアレルギー性皮膚炎が発症してしまう事もあるのです。
そのため、アレルギー性物質を含んでいる「ミール(畜産動物を粉砕処理したもの)」が含まれていないヒューマングレードのフードが適しているのです。

高タンパク低脂質なフードが成長に重要

ラブラドールは成長するにつれ筋肉が非常に発達するため、高タンパクのフードを幼少期から与える必要があります。
ラブラドールは大型犬であると同時に古くから荷物を運搬する役割を担ってきた犬種です。
特に首や前後肢は、成犬になると30~35キロにまでなる体重を支えるほどの強靭さになります。
運動神経もバツグンであるため大変活発ですので、筋肉や骨格を形成してくれるタンパク質の比率が多く脂質が少ないドッグフードがラブラドールの成長にとって大切なのです。

グルコサミンコンドロイチンを含んだフードで関節病予防

大型犬にとって関節病予防は非常に重要なので、グルコサミンコンドロイチンが含まれたフードを選ぶ必要があります。
ラブラドールのような大型犬は股関節形成不全になりやすい犬種です。
もし股関節形成不全になると股関節が脱臼した状態になってしまい、その激しい痛みから歩くことすらままならなくなってしまうのです。
この病は、大体2歳になるまでに発症することが多いため、軟骨の摩擦を抑制し関節病予防に効果の高いグルコサミンコンドロイチンを含んだフードを幼犬の頃から食べさせてあげると良いでしょう。
【参考】犬種別フードのすすめ:http://www.grooming.jp/syuruibetu.html