動物性栄養素が多いドッグフード

運動量の多い犬や成長途中の犬にピッタリ

普段から運動量の多い犬には、動物栄養素が多いドッグフードを与えると良いです。
なぜなら、動物性栄養素の一つであるたんぱく質を多く与えることでより一層筋肉が発達するからです。
特にフリスビードッグのように何らかの競技を行っているようなアスリート犬や、ゴールデンレトリーバーのように日ごろから運動量が多いにとっては動物性栄養素は必要不可欠です。
また幼犬のように成長過程に犬にとっても、動物性栄養素は筋肉や骨格を作るうえで重要なので積極的に与えていくと良いでしょう。

与えすぎに注意

しかし、与えすぎると犬の体調に良くありません。
例えば肥満の原因にもなりますし、消化不良による嘔吐や下痢になってしまいます。
そのため動物性栄養素が多いフードは、運動量と食事量のバランスをよく考えて与える必要があります。
もし与えすぎてしまっているのであれば散歩の距離を長くするなどをして調整すると良いでしょう。

皮膚病予防になる

動物栄養素は、皮膚病の予防にも役立ちます。
その理由は、必須アミノ酸にあります。
必須アミノ酸は免疫機能を高めたり、筋肉や体毛、皮膚を形成・修復する際に必要となる成分です。
そのため、普段から必須アミノ酸を摂取していると皮膚病の予防に繋がるのです。
必須アミノ酸は、動物性のたんぱく質に多く含まれています。
なので、皮膚病対策には動物性栄養素を多く含んだドッグフードが有効なのです。

食の細く、内臓が弱った老犬に

少量で多くの動物性栄養素を摂取できるドッグフードは、老犬の体調管理に欠かせません。
犬も人間と同じように、老いると食べる量もかなり少なくなります。
ですので、動物性栄養素を多く含んだドッグフードを老犬に与えると良いのです。
また、肉食の犬にとっては肉を多く含んだドッグフードは消化によく、内臓に負担をかけません。
そのため歳を重ねた犬でも消化不良を起こさず、体調を管理する上でもピッタリであるといえるのです。